ページの先頭 直接本文へ
ホーム(J)    >    楽しい山登りのページ    =     ▲アルバム・泊まりの山2     ▼アルバム目次   

山のアルバム・泊まりの山1

2008.07.19~21 針の木岳

7月18日21時発の新大阪駅発さわやか信州号バスは19日6時過ぎに扇沢に到着。
 19日扇沢7時スタート、大沢小屋には順調に1時間半で到着、小屋から40分ぐらいで針の木大雪渓に取り付いた。今年は雪が針の木峠まで残り、ゆっくり雪を楽しみながら登ったので、13時に針の木小屋へ到着した。
 20日朝から小雨合羽を着て6時30分スタート、いきなり雪渓歩き、急登ありで針の木岳への登りはしんどかった。
スバリ岳、赤沢岳と稜線歩きでラクラクコースとの考えが 吹っ飛び ヒイヒイいいながら歩きました。新越山荘まで7時間半かかり、今日の持ち時間終了。新越山荘ではこれからの時間雷恐れあるので鳴り出したら動かずにビバーグして雷をやり過ごしてくださいと注意を受け、ここからは岩沢小屋岳の登りも種池山荘までの下りも急ぎ2時間20分で無事到着ヤレヤレ。種池山荘では思いがけなく個室が準備されていました、有難うございました。
 21日6時40分出発、9時55分のバスに間に合うようひたすら下る。9時40分扇沢到着 (写・さかもと)

山行記録はここをクリック

赤沢を渡る
赤沢を渡る
雪渓間での高巻き
雪渓に取り付くまで高巻きした
雪渓間での高巻き
雪渓よりは随分高く上がった
針の木大雪渓
針の木大雪渓この上を3時間半歩いた
アイゼン装着
アイゼン装着
雪渓の上で記念撮影
雪渓の上で記念撮影余裕の笑顔
雪渓を登る
雪渓を登る
雪渓上部
雪渓上部傾斜が急で、
雪の上では座っての休憩は危険。
針の木小屋に到着
13時やっと針の木小屋に到着やれやれ
赤沢岳から岩沢小屋岳の稜線
明日歩く赤沢岳から岩沢小屋岳の稜線
夕焼け
針の木峠からの夕焼け
針の木岳への雪渓
小雨の中6時30分スタート
針の木岳への雪渓を登る
針の木岳への雪渓
雪の上の赤いマークを目印に歩く、
針の木岳への雪渓
針の木岳頂上
針の木岳頂上、
ここまでの登りはきつかった
スバリ岳頂上
スバリ岳頂上 この登りもキツイ
数分の晴れ間
数分の晴れ間があり、黒部湖が一瞬見えた
雷鳥の親子
岩沢小屋岳からの下りで雷鳥の親子を見かけた
種池山荘の笑顔のスタッフ
種池山荘の笑顔のスタッフ
柏原新道の雪渓
柏原新道の雪渓、落石注意の看板がありました
晴れた稜線
昨日歩いた晴れの日の稜線

▲ ページの先頭へ・(L)

2008.05.3~4 霊仙山

特別例会として鈴鹿山系の一番北側の霊仙山に登りました
  5月3日:大阪駅から新快速で彦根駅まで、落合登山口まではタクシーを利用しました
  10時過ぎから登り始め13時50分に霊仙山頂上に到着16時30分山小屋「かなや」まで下りた
 5月4日:醒ヶ井駅までひたすら2時間歩き醒ヶ井の宿場町に着きました。 (写・さかもと)

山行記録はここをクリック

落合登山口
落合登山口でストレッチ
2輪草
2輪草
西南尾根
西南尾根
近江展望付近
近江展望付近
霊仙山頂の記念撮影上
霊仙山頂上(最高峰1098m)
霊仙山三角点へ向かう
霊仙山三角点へ向かう
汗ふき峠に下り始める
汗ふき峠に下り始める
山小屋「かなや」
山小屋「かなや」
石油ランプ
ランプと自家発電を併用
梅花藻の花
水中で咲く梅花藻の花

▲ ページの先頭へ・(L)

2007.11.23~24 HCげんごろう10周年記念山行・芦生

ハイキングクラブげんごろうの10周年記念行事としてメンバーとその家族も参加できる芦生の森山行を行いました。
  11月23日:森之宮 8時30分チャーターバス出発
  11時過ぎに京都美山町かやぶきの里に到着、防火訓練の一斉放水を見学後かやぶきの里自由散策。
 11月24日:午前中は八ヶ峰(800m)に登り、午後、芦生の森を散策。 (写・さかもと)

防火訓練一斉放水
美山町かやぶきの里防火訓練一斉放水
かやぶきの屋根のコケ
かやぶきの屋根のコケ
かやぶきの家
かやぶきの家
藍染めの壷
藍染めの壷
かやぶきの里
かやぶきの里
八ヶ峰登山口
八ヶ峰登山口
ぶなの木
ぶなの木
残雪
雪が残っていた
八ヶ峰頂上
八ヶ峰頂上
八ヶ峰頂上記念撮影
八ヶ峰頂上記念撮影9:10
芦生山行全員記念撮影
芦生山行全員記念撮影。
芦生トロッコ道
芦生トロッコ道を歩く
橋の上
橋の上

▲ ページの先頭へ・(L)

2006.09.02 富士山

9月1日:森之宮 23時チャーターバス出発
  9月2日:富士宮5合目駐車場5時到着、6時10分から登り始める。11時頂上16時駐車場に戻る。 (写・さかもと)

山行記録はここをクリック

富士山の影
5合目から見えた富士山の影
富士山表口五合目2400m
6:10登り始める
6合目
6合目6:30
休憩風景7時16分
7:16
7時27分
7時27分
休憩7時45分
休憩7時45分
7合目8時25分
7合目8:25
7合目出発8時40分
7合目出発8:40
8合目が見えてきた
8合目が見えてきた9:04
8合目記念撮影
8合目記念撮影9:10
8合目出発9時27分
8合目出発9時27分カメラマンは
ここ8合目まで。
8合目から見た5合目駐車場
8合目から見た
5合目駐車場
自転車を頂上まで担ぎ揚げるグループ
自転車を頂上まで担ぎ揚げるグループ
登頂隊が戻ってきた13時50分
登頂隊が戻ってきた13:50
順調に下山
順調に下山
腰を下ろして休憩
腰を下ろして休憩14:52
腰を下ろして休憩
疲れました14:52
下山の途中
下山の途中15:08
急に出たガスの中を歩く
急に出たガスの中を歩く15:21
ガスが晴れてきた
ガスが晴れてきた15:22
最後の下り15時54分
最後の下り15:54
駐車場に到着16時13分
駐車場に到着16:13

▲ ページの先頭へ・(L)

2006.05.3~4 藤原岳・御池岳

5月3日:西藤原駅~聖宝寺~藤原山荘~藤原岳~藤原山荘テント場
 5月4日:藤原山荘~白船峠~カタクリ峠分枝~御池岳~カタクリ峠分枝~コグルミ谷出合~冷川バス停 (写・さかもと)

山行記録はここをクリック

藤原岳裏登山道を登る
三岐鉄道西藤原駅10:40スタート、
藤原岳裏登山道を登る
水場の長命水
藤原岳頂上には水がないので
水場の長命水で水を補給
急斜面を登る
急斜面を登る
二合目
二合目11:44
二合目を過ぎたあたり
二合目を過ぎたあたり
黙々と登る
黙々と登る
六合目
六合目12:45休憩する
ヒトリシズカの花
ヒトリシズカ
カタクリの花
カタクリ
福寿草の花
福寿草
九合目の標識
九合目13:56
藤原岳を見る
藤原岳を見る
テント設営
藤原山荘前のテント場14:55
藤原岳頂上記念撮影
藤原岳頂上記念撮影15:35
夕食の準備
夕食の準備17:00
朝食の準備
朝食の準備05:30:00
出発前のストレッチ
出発前のストレッチ07:00
残雪が有った
残雪が出てきた8:37
カタクリ峠
カタクリ峠にザックを置いて
御池岳に登る9:11
カタクリ峠の標識
カタクリ峠
分岐の道標
御池岳までの登り雪が残っている
御池岳までの登り
雪の上を歩く
雪の上を歩く
御池岳頂上
御池岳頂上
阿下喜からの小さな電車
阿下喜(あげき)駅からの小さな電車

▲ ページの先頭へ・(L)

2005.09.17~18徳本峠越え

9月17~18日、島々宿~二俣~岩魚留小屋から徳本峠(とくごう)小屋を通って上高地まで、昔は牛を連れて歩いたという道を歩きました。島々宿、上高地間約24Kmのコース、
徳本峠小屋で一泊し上高地に下りました。 (写・さかもと)

山行記録はここをクリック

島々宿から二俣への道
島々宿を6:20スタート、
島々谷川に沿って北に向う。
6.3km標高差約200m、二俣に8:05到着 
吊り橋
二俣8:20出発
 8:34南沢を北側へ吊り橋を渡る。
南沢に沿って西に歩き高度を稼ぐ。
南沢沿いの道
8:36南沢沿いの道幅が狭くなってくる
上流になるほど狭くなる道
ますます道が狭くなってくる
島々宿の昔の炭焼き窯
島々宿の昔の炭焼き窯
木の桟橋
8:57桟橋や梯子が現れる
木の桟橋
二俣~岩魚留間5.4km
小さな水の流れを横切る
9:02増水時は歩けるのだろうか?
幅の半分が崩れた道
道が少し崩れていた
岩魚留小屋まで後2.6kmの標識
9:27岩魚留小屋まで後2.6km
崖の横を歩く
9:44
崖の横を歩く
崖の細い道を歩く
木の桟橋の上を歩く
9:54
木の桟橋の上を歩く
9:59
木の桟橋の上を歩く
9:59
木の梯子を下る
10:11
長い木の桟橋の上を歩く
10:37
隙間の多い木の桟橋
こんな橋です
岩魚留小屋前の橋
10:44岩魚留小屋前
岩魚留小屋の方から見た橋
小屋前の橋を小屋側から見たところ
岩魚留小屋前のコース案内
小屋前のコース案内
トンボ
トンボが休んでいた
岩魚留小屋
岩魚留小屋を11:21に出発
小さな滝
11:25南沢の小さな滝
大きなマルタを利用した階段
12:40沢から離れると急坂になる
狭い道
13:19
力水のマーク
13:21力水最後の水場
立ったまま休憩
14:10小休憩
徳本峠小屋玄関口
14:35徳本峠小屋に無事到着
缶ビール
小屋のビールで乾杯
食堂の石油ランプ
17:30夕食時の石油ランプ
展望台から見た穂高連峰
6:00展望台からの穂高連峰
西側に見える穂高連峰の説明板
山の説明図
徳本峠小屋の屋根
6:25徳本峠小屋の屋根 6:30出発
穂高連峰
6:45穂高が大きくなった。
ひたすら明神に向かって下る
河童橋
9:05河童橋に到着
観光客が増える
昼食の岩魚そば
11:00岩魚そばの昼食
河童橋
11:35河童橋の上は観光客で一杯
復元した旧島々駅舎
13:50復元した旧島々駅舎売店になっている

▲ ページの先頭へ・(L)

2005.07.16蓼科山(2500m)約6時間15分

チャーターバスは15日23時に森之宮を出発。
7合目壱の鳥居(6:45)~馬返し(7:15)~天狗の露地(7:50)~蓼科山荘(8:30)~(9:15)蓼科山頂ヒュッテ(9:40)~(13:00)女神茶屋(14:11)=バス= すずらんの里=バス=姫木平(ダーチャ ベリオスカ)泊 (写・さかもと)

蓼科神社からの登り道
蓼科神社前で記念撮影後登り始める
涸れた川の横を登る
涸れた川の横を登る
天狗の露地
天狗の露地
石の多い道
だんだん急な坂道になる
広い荒れた坂道
広い荒れた坂道
蓼科山荘
蓼科山荘
蓼科山荘からの急な登り
蓼科山荘からの急な登り
ガスの中を歩く
ますますガスが濃くなる
ハクサンシャクナゲの花
ハクサンシャクナゲ
黄色のペンキで岩に書いた道案内
岩に大きく書いてあった
蓼科山頂ヒュッテのピアノ
蓼科山頂ヒュッテのピアノ演奏
蓼科山頂ヒュッテ
蓼科山頂ヒュッテ
蓼科山頂の記念撮影
蓼科山頂の記念撮影
山頂から女神茶屋への道案内
女神茶屋への標識
岩の道を下る
岩の道を下る 
岩の道を下る
歩き難く時間が掛かる
滑落注意の看板
ハイマツの中にあった看板
ガスの中岩の道を下る
霧は晴れない
ガスが消えた道
やっと雲の下に出た
コースの岩も小さきなった
岩も少なくなった
一休み中
一休み
ギンリョウソウ
ギンリョウソウ
女神茶屋の近く
女神茶屋の近
フラットになったコース
コースがフラットになってきた
女神茶屋に到着
女神茶屋に到着
ニッコウキスゲの花
ニッコウキスゲ
ハクサンフウロの花
ハクサンフウロ
ビールで乾杯
とりあえずビール
ダーチャ・ベリオスカのバーベキュー
ダーチャ・ベリオスカの豪華バーベキュー

▲ ページの先頭へ・(L)

2005.07.17北横岳(2480m)約6時間

姫木平=バス=大河原峠(7:40)~双子山山頂(8:10)~(8:40)双子池ヒュッテ(9:00)~(9:45亀甲池(10:00)~(11:40)来横岳(12:00)~(13:20)縞枯山荘(13:45)~ピラタスロープウェイ山頂駅=山ろく駅=滝の湯バス停~小斉の湯=姫木平(ダーチャ・ベリオスカ)泊(写・さかもと)

ダーチャ・ベリオスカの建物
ダーチャ・ベリオスカ
双子山への登り道
双子山への登り
キンバイソウ
キンバイソウ
ゴゼンタチバナ
ゴゼンタチバナ
双子山山頂記念撮影
双子山山頂
双子池への道
双子池への道
双子池からの登り道
双子池からの登り
亀甲池への下り
亀甲池への下り
亀甲池での休憩
亀甲池での休憩
北横岳への登り道
北横岳への登り道
ヒカリゴケ
中央の黄緑がヒカリゴケ
イワカガミの花
イワカガミ
蓼科山遠景
昨日登った蓼科山
コケモモの花
コケモモ
北横岳山頂記念撮影
北横岳山頂
北横岳ヒュッテ前
北横岳ヒュッテ
三っ岳注意の看板
今回は三っ岳をパス
北横岳からの下り道
北横岳からの下り
坪庭風景
坪庭
縞枯山荘への分かれ道
縞枯山荘への分かれ道

▲ ページの先頭へ・(L)

2005.07.18八島湿原 約1時間半

姫木平(9:00)=車山肩(9:50)~八島湿原散策~(11:15)八島山荘(11:45)=バス=大阪 (写・さかもと)

ダーチャ・ベリオスカご主人夫妻
ダーチャ・ベリオスカご主人夫妻のお見送り
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ
イブキトラノオ
イブキトラノオ
車山高原の青空
車山高原の青空
カラマツソウの花
カラマツソウ
八島湿原への下り道
八島湿原への下り
シシウドの花
シシウド
キバナノヤマオダマキの花
キバナノヤマオダマキ
ヤナギラン
ヤナギラン
八島湿原の風景
八島湿原

▲ ページの先頭へ・(L)

2002.09.21~23立山連峰

小屋泊りの自炊でした.室堂→室堂山→浄土山→雄山→大汝山→真砂岳→
別山→劔御前小屋泊→奥大日岳→大日岳→大日平山荘泊→称名滝(写・さかもと)

室堂山展望台から
室堂山展望台から雄山を見る
浄土山への岩登り
浄土山への登り
浄土山頂上の休憩
浄土山頂上
浄土山から雄山の眺め
浄土山から一の越への下り
黒部湖を大汝山から見る
黒部湖を大汝山から
大汝山頂上へ岩登り
大汝山頂上へ岩登り
真砂岳から富士の折立の眺め
真砂岳から富士の折立の眺め
朝の雄岳方面
剣御前小屋泊、朝の雄岳方面
奥大日岳から剣岳をバックに記念撮影
奥大日岳から剣岳をバックに記念撮影
大日小屋のランプ
休憩に入った大日小屋のランプ

▲ ページの先頭へ・(L)

XHTML1.1検証済 CSS!検証済

ホーム(J)    >    楽しい山登りのページ    =     ▲アルバム・泊まりの山2     ▼アルバム目次   
e-mail@げんごろう
inserted by FC2 system